エスピノ・グラン・キュヴェ・カルムネール
生産者 ぶどう品種 ヴィンテージ 生産国 地方
ビーニャ・ウィリアム・フェーヴル・チリ カルムネール、他 2015 チリ マイポ ヴァレー
Alc 参考価格(税別) 輸入元 試飲日
14 ¥2,600 稲葉 2022/4/4

フレンチオークのバリックで14ヶ月熟成

「エスピノ・グラン・キュヴェ・カルムネール」レビュー

ワインの外観

エスピノ・グラン・キュヴェ・カルムネールの外観

濃い目のダークチェリーレッド、朱色が入り、もやもある

ワインの香り

グラスを回す前:カシス、ベジタブル、ピーマン、えんぴつの芯

グラスを回した後:ハーブ、清涼感、新緑、春の山

ソムリエ寺井
オーナーソムリエ寺井
私は過度にピーマン香のするワインは苦手なのですが、このワインはバランス良くベジタブルのニュアンスがあります。
それがワインに奥行を与え、心地よく、春らしい清々しい気分になります。

ワインの味わい

しっかりとした食感、果実味は凝縮感あり、タンニンは強めながら細かく滑らか、酸は中程度でタンニンとのバランス良い、野菜を思わせる風味が心地よくワインに奥行を与える、余韻は果実味と爽やかさが長く続く

その他コメント

ソムリエ寺井
オーナーソムリエ寺井
濃厚ながら爽やかさある赤ワインです。
香りのところに書いたように清々しい気分になるワインで、それでいて濃い目のワイン。
軽快なワインなら清々しい気分になるものも多いですが、濃くてそう感じられるのが良いですね。

合う季節:春

おすすめ温度:18℃前後

おすすめグラス:大ぶりの果実のびわ型

「季節・温度・料理・好み・グラスについて」を読む

ワインを美味しく飲むための大きなポイントは、温度とグラスです。これらを変えるだけで全く味が変わります。私たちサービスマンはこの2つを工夫するだけでお客様に家で飲むよりも美味しいワインを提供できます。

そしてもう1つ、意外と季節でも味が全く違います。食材が変わるから?もちろんそれもありますが、料理ナシで飲んでも違うんです。温度や湿度など色々な影響を受けて味覚の体感が違うのでしょうね。

このワインコメント投稿で「合う料理」に言及することは稀(まれ)です。というのも、同じ料理名でもちょっとした味付けの違いで相性が変わり、有料商品(有料情報)として発信するには、ブレ幅が大きすぎると考えるからです。

時折、私の個人的な好みに合致するワインは「☆、☆-◎、◎、◎-〇、〇、△」などのマークを記載しています。ワインの良し悪しではありません。

さて、グラスについては私独自の「果実のびわ」などの言葉がでます。どんなグラスを指しているかや、飲食店や家庭で揃えるべきグラスについては今後、写真付きの記事にしたいと思っていますが、ひとまず「びわ」はいわゆるボルドー型のものと思っていただければ幸いでございます。

ワインコメント投稿のコンセプト

「同業の参考になるコメントをupしたい」という想いからです。

プロのワインコメントを知りたい時がありませんか?…でも、検索しても輸入元の説明をコピペした商品がHITし、私たち飲食業が参考にしたいプロのコメントを見つけるのは困難です。そこで自分でアップしようと思い、頑張ってアップしています。月額330円でこの情報をエクセルでまとめたものも入手いただけます。詳しくは下記をご覧ください。

ワインコメント一覧と会員について

輸入元情報

ソムリエ寺井
ポイントと思うところに私がマーカーを引いています

他よりも高い600~900mに畑のある「マウンテン グロウン ワイナリー」

群を抜く標高の「マウンテン グロウン ワイナリー」・・畑は、まさに山の中にあります。そのため、畑の開墾もすべて手作業で行い、たいへんな労力が必要でした。標高が高いアンデスの山で育つ葡萄は、他よりも比較的冷涼な気候の影響を受け、成熟がゆっくりと進みます。その結果、十分な酸を保ち、アルコールが高すぎない、たいへんバランスのとれたワインが出来ます。「マウンテン グロウン ワイナリー」と呼ばれる生産者の多くは500~550mにありますが、フェーヴル チリは、もっと高い640~950mに位置しています。標高の異なる5ヶ所に畑を所有しており、綿密な土壌分析を行った結果、それぞれの品種に最も適した場所に植えています。サン ルイス(640m)は、ワイナリーのあるところです。ラス マハダス(700m)。サン フアン(840m)で、ウィリアム フェーヴルが魅せられた畑。マイポ川の上流、さらに標高の高い渓谷の上部に、ラス トゥーナス(900m)。ボカ チカ(950m)のアルゼンチン側はウコ ヴァレーと呼ばれ、マルベックに最適な地域です。
「最後は食べて種の味わいで決める収穫時期」・・収穫は土壌や熟成具合を見て区画ごとに行います。葡萄の状態は、分析値も参考にしますが、最終的には実際に葡萄を食べて、種の色と味わいで判断しています。「大切なのは選別を熱心に行うことではなくて、良い葡萄を収穫できるように育てること、収穫の時期を正しく判断すること」
「複雑さのため、他品種をブレンド」・・ピノ ノワール以外の赤は、主要品種の他に必ず違う品種を少量ブレンドします。複雑さを与え、ポテンシャルを高めるためで、加える品種や比率は年によって変わります。
「ほとんどフレンチオークの樽を使用」・・97~98%がフレンチオーク樽。以前はすべて225Lだった。クリスティアンは、より酸化が少ないほうがよいと考え、300L(カルムネール用)、500L(シャルドネ、カベルネ用)を導入した。

数年間熟成させるポテンシャルを持つ骨格のあるカルムネール

1994年に植えたより品質の高い葡萄を使っています。エスピノの畑より粘土質で深くなっています。樽熟成させても、樽に負けないクオリティがあるため100%を樽熟成させています。カルムネールの畑は、ワイナリーの周辺に広がるサン ルイスに広がっています。収穫は5月上旬に行います。選果テーブルで厳しく選別した後、除梗、破砕します。醸造は小さなステンレスタンクを使います。発酵前に色と果実のアロマを抽出するために4日間、低温マセラシオンを行います。抽出が強くなり過ぎないように発酵中は25度に温度コントロールし、1日2回、ポンピングオーバーを行います。ワインに骨格を与えるため、その後さらに3週間マセラシオンを行います。マロラクティック発酵の後、フレンチオークのバリックで14ヶ月熟成させます。樽は複雑さを出すため、様々な森やメーカーのものを使用しています。しっかりと濃い紫色、カルムネールの特徴であるレッドペッパーが顕著に感じられます。野生のブラックベリーのアロマの中にスミレの花、土っぽさやスモーキーな樽の要素が混ざり合っています。口に含むとしなやかなアタック、広がりがあります。ベルベットのようになめらかで持続性のあるタンニンが感じられます。しっかりとした骨格があり、ボトルで数年間熟成させるポテンシャルを持っています。

この記事を書いている人

OFFICE GO SEE代表 / プレゼントワインショップ®オーナーソムリエ

 寺井 剛史(てらい つよし)

ソムリエ寺井剛史

大学生のころのアルバイトがきっかけでソムリエを目指す。
ホテル入社後、『サービス、接客』の虜に。2004年、日本では珍しいフリーのソムリエとして独立。
多数の飲食・小売店でサービス向上による売上増のコンサルティング事例アリ。
「ワインを贈りたいけどワイン選びが分からない」方のために、プレゼントワインショップを設立。

北九州「技の達人」認定者 / 福岡県知事表彰 受賞
技能グランプリ レストランサービス部門 全国3位
レストランサービス技能士1級
日本ソムリエ協会認定 シニアソムリエ