イェスカ
生産者 ぶどう品種 ヴィンテージ 生産国 地方
ロドリゲス・サンソ ティンタ・デ・トロ(Tem) 2019 スペイン トロ
Alc 参考価格(税別) 輸入元 試飲日
14 ¥1,890 アズマ 2022/3/7

ビオディナミ農法により葡萄の健全化を図り、難病イェスカ(立ち枯れ病)を克服させた畑の葡萄により造られた、ロドリゲス・サンソの自慢の逸品です。アメリカンオークの古樽で6ヶ月熟成。

「イェスカ」レビュー

ワインの外観

 

イェスカの外観

濃い目のダークチェリーレッド、まだ青が残っている

ワインの香り

グラスを回す前:黒果実、ブルーベリー、瑞々しさ、酸

グラスを回した後:濃さ&爽やかさ、絞りたてのジュース、シナモン、はちみつ

ソムリエ寺井
オーナーソムリエ寺井
「濃い」のに「爽やか」な香りです。ワインの情報「ビオディナミ農法により葡萄の健全化を図り、難病イェスカ(立ち枯れ病)を克服させた」を読まずに試飲したのですが、本当にビオディナミによるピュアさが出ている感じです。

ワインの味わい

ぶ厚めの食感、しっかりした果実味、酸がかなり強く、その酸に隠れがちだがタンニンもしっかりと力強い、若々しく元気いっぱいの果実味が口中に広がり、余韻はタンニンが続く

その他コメント

ソムリエ寺井
オーナーソムリエ寺井
ぶどうの力強い生命力あふれる赤ワインです。
2019年のワインで若々しく、活き活きとしています。
ビオディナミですし、半年も熟成させると変化が結構ありそうですが、現時点ではその活き活きしたぶどうの生命力を楽しめる状態です。

合う季節:春~夏。活き活きした果実味を楽しめる。

おすすめ温度:19℃前後

おすすめグラス:中ぶりの果実のびわ型

「季節・温度・料理・好み・グラスについて」を読む

ワインを美味しく飲むための大きなポイントは、温度とグラスです。これらを変えるだけで全く味が変わります。私たちサービスマンはこの2つを工夫するだけでお客様に家で飲むよりも美味しいワインを提供できます。

そしてもう1つ、意外と季節でも味が全く違います。食材が変わるから?もちろんそれもありますが、料理ナシで飲んでも違うんです。温度や湿度など色々な影響を受けて味覚の体感が違うのでしょうね。

このワインコメント投稿で「合う料理」に言及することは稀(まれ)です。というのも、同じ料理名でもちょっとした味付けの違いで相性が変わり、有料商品(有料情報)として発信するには、ブレ幅が大きすぎると考えるからです。

時折、私の個人的な好みに合致するワインは「☆、☆-◎、◎、◎-〇、〇、△」などのマークを記載しています。ワインの良し悪しではありません。

さて、グラスについては私独自の「果実のびわ」などの言葉がでます。どんなグラスを指しているかや、飲食店や家庭で揃えるべきグラスについては今後、写真付きの記事にしたいと思っていますが、ひとまず「びわ」はいわゆるボルドー型のものと思っていただければ幸いでございます。

輸入元情報

ソムリエ寺井
ポイントと思うところに私がマーカーを引いています
ワイナリーは1810年、ルエダに創業。現当主は5代目のハヴィエル・ロドリゲスです。また彼の新しい拠点として2002年にリオハにワイナリーを造りました。農業工学技術者でありMBAを取得した彼は、以前に近代醸造研究の総本山であるデイビス校スペインにてSIS(土壌分析装置)の開発リーダーを務めた経歴を持ち、土壌分析とそれに基づく畑のマネージメントのスペシャリストとして知られています。自分のワイナリーにその全てのノウハウを注ぎ込み、土壌の個性をリスペクトしたワイン造りに取り組んでいます。
『私はワインデザイナーだ』と自分をこう表現する彼は、土地の葡萄やワインの伝統を尊重しつつ、モダンスタイルを取り入れるなど、個々のワインに対して様々な試みを行っています。例えば、木材を購入して樽職人にカスタマイズさせたり、醸造も科学的根拠に基づいた最新技術を取り入れたりと、それぞれのワインから、彼の緻密さが垣間見える造りとなっています。これまで多くのワイン品評会にも出品をし、評論家からも高い評価を得ています。今日においても新商品開発の勢いはとどまるところを知らず、常に新しいワイン造りにチャレンジしています。
自然派 自然派
スペイン
原産地呼称等 DOトロ
コルクタイプ コルク
アルコール度数 14度
希望小売価格 1,890円
カタログページ 111ページ
品種 ティンタ・デ・トロ(テンプラニーリョ)100%
ビオディナミ農法により、難病への耐性を強め、健全な葡萄のみで造られた奇跡の赤ワイン

トロでは2000年以降、イェスカ(立枯病)と呼ばれる菌性の流行病に悩まされており、樹液が抜かれ、対処法もなくただ枯れゆく葡萄樹を茫然と見守ることしかできない状況が続いています。 ハヴィエル・ロドリゲスは数年前よりこの病気に対して注意深く観察をし、なにか手の打ちようがないか様々な研究を行ってきました。 そんな中彼が注目したのは葡萄の樹の生命力でした。ビオディナミ農法により葡萄の樹本来に活力と耐性が備わる事が判明し、数年に渡り転換作業を行ってきた事で、立枯病が治まったそうです。 自然の原点に立ち返り葡萄の自然治癒力に着目した彼は、化学的な措置を施さず、葡萄の健全化を図ったことで、この病気への耐性が葡萄樹自体に自然に備わったといいます。 このワインは、こうした背景を持つ畑の葡萄により造られ、イェスカを克服した健全な葡萄へのリスペクトの念を込め、「Tras la YESCA(イェスカの後)」という名の下に生み出されました。

〜テイスティングコメント〜

葡萄本来の力強さを感じる事のできる、豊かな果実感と香り、渋味は少なくすぅっと体に馴染むように飲める赤ワインです。